認定更新の手引き

 

認定更新の基本方針

認定更新の基本方針
 
 5年間の活動成果を評価するとともに、LCDEとしての資質を維持しその向上を図る目的で、
認定更新者(LCDE資格取得後5年目)には、研修会等の活動実績報告を義務付けます。
 

認定更新の条件

認定更新の条件
 
①福島県糖尿病療養指導士会が認定する研修会・研究会・学会等に参加し、
 5年間で25単位以上を取得していること。ただし、当会主催セミナーまたは支部会において
 5年間25単位のうち18単位以上の出席を必須とする。
②認定期間の年会費を振り込んでいること。(免除期間は除く)
 

認定更新の手続き

認定更新の手続き
 
1.申請方法について
●申請期間:2018年12月1日(土)~2019年1月31日(木)必着
 
●申請書類:以下の書類を整えて提出してください。
・福島県糖尿病療養指導士 認定更新申請書(別紙1)
・糖尿病療養指導 業務従事証明書(別紙3)
 ※休職中などの場合は、過去の職歴や所属施設を記入してご提出ください。
・単位所得ファイル
 ※所定の位置に、バラバラにならないよう貼り付けてください。
・年会費納入確認書、認定更新料振込み控え貼付け用紙(別紙4)
 
2.認定審査料について
・認定更新料は5,000円です。指定の銀行に振込み、振込み金明細書のコピーを
 添付してください。
(自動振込みやネットバンキングの場合、ご利用控えのコピーで可。)
・お支払頂いた審査料は、認定更新が認められない等のいかなる場合でも返却できませんので、
 ご了承ください。
 
【振込み先】
       東邦銀行 西ノ内支店 普通 195112
       糖尿病療養指導士会 清野 弘明(セイノヒロアキ)
 
3.審査結果について
 4月中旬までに通知いたします。
認定更新の条件を満たしていると認められなかった場合は、別途ご連絡いたします。
なお、結果通知までの期間に開催される、研修会等の単位は取得できます。
 
4.認定期間延長申請について
●下記の事情があり認定更新の条件を満たせない場合は、認定期間延長申請ができます。
 ①出産、育児、介護休暇
 ②病気などによる休職
 ③異動、進学
 ④国内外留学、長期出張
 ⑤離職中
 ⑥県内外避難
 ⑦その他(単位不足の場合も含み、具体的に記入してください。)
 
●申請時期:2018年12月1日(土)~2019年1月31日(木)必着
 
●申請方法:以下の書類を整えて提出してください。
 ・福島県糖尿病療養指導士 認定更新延長申請書(別紙2)
 
●審査結果:3月末までに通知します。
 認定延長が認められた場合、延長期間は1年です。
 認定延長が認められなかった場合、福島県糖尿病療養指導士の資格は失効します。
 
●認定期間延長が認められた方は、翌年度にあらためて認定更新または認定期延長の申請を
 行ってください。
 
●認定期間延長の申請は、一認定期間に2回まで認められます。(延長期間は最長2年まで)
 認定更新延長申請の際は、認定更新料の振込みは不要です。
 

単位申請

単位申請
 
以下の規定をもとに取得単位の確認をおこない、学術集会等参加の場合は、
参加報告書を本部へ提出し、単位を取得してください。
 
 

認定申請書類一式

認定申請書類一式
 
認定更新の手引き
( 86KB )
 
認定更新規定
( 85KB )
 
別紙1~5
( 121KB )
福島県糖尿病
療養指導士会
〒963-8851
福島県郡山市開成6丁目192-2
TEL.024-983-1024
FAX.024-983-1010
────────────
医療スタッフの養成および認定
────────────
076447
<<福島県糖尿病療養指導士会>> 〒963-8851 福島県郡山市開成6丁目192-2 TEL:024-983-1024 FAX:024-983-1010